2014年03月11日

増田のおいやんとつながるには




何回かにわたって、NICeと増田のおいやんについてお話しましたが、結局よくわからないぞ、とか、
「じゃ、このあとどないしたらええねんな」と、いうお問い合わせを多数いただきました。(の、ようです。)

なので一度実際に増田のおいやんとつながっていただき、実際に増田さんの発信している情報を受け取ってみて下さい。

実は、増田のおいやんは、FacebookもTwitterもやっていません。

かなり興味深い貴重な情報や、価値のあるコンテンツを配信しているので、どこの誰かもわからない人間に、これらを無尽蔵に垂れ流すということは出来ないのです。(これは私の見解です。)

なので、つながっていただくには少しだけ手続きがあります。
それはほんの数分で終わりますので、一度チャレンジしてみて下さい。

方法は簡単です。下記のページに行きます。

http://www.nice.or.jp/

ここから、NICeのSNSに新規会員登録していただき、どこの誰なのかを名乗ってください。
誰でも会員になれますので、実際に起業されていない学生さんやサラリーマン、主婦の方などでも、NICeの活動ににご賛同いただければご参加いただけます。

メールアドレスと、パスワードの設定が必要です。

そうしていただいた後、「増田紀彦」を検察していただいて、友達になるか、彼の日記を読んでいただければ、もうつながります。

また、このSNSには、全国のNICe会員1000人以上が登録していますので、興味ある他の方ともお気軽につながってみて下さい。

もちろん私も参加しています。私ともぜひ、つながってくださいね。
登録の際に、「このFACEBOOKを見たぜ」と言っていただければ解りやすいと思います。

もし、つながった後に「やっぱりやめておこう」と思えば、いつでも退会いただけますので、気軽に登録して下さい。

ここまでは一切の費用はかかりません。

そうして、NICeや増田紀彦をお試しいただいた後、3月15日に行われる「NICe全国交流セミナーin和歌山」に参加して、もっと「つながる」かどうかを決めてください。

現在、続々と参加者が集まって来ています。お席が無くならないうちに、早い目にご決断下さいね。

もちろん、和歌山県以外からの参加者も多数いらっしゃいます。
またこの機会に、和歌山に行ってみようかなという方も大歓迎です。地元の人しか知らない和歌山にご案内出来ると思います。

ぜひ、声をかけてくださいね。

写真は、「ちょっとそれ、もっと詳しく説明して」と、注文をつける増田のおいやんと、和歌山の頭脳と言われる三浦氏、そして今を時めく高校生社長が並んだところです。



同じカテゴリー(第22回NICe全国交流セミナー開催記念)の記事画像
こんなに多くの方にご参加いただき、本当にありがとうございました。
和歌山は寒いけど快晴やして
ぼくたちはたまたま出会うんじゃない。必然に惹かれあって明日出会うのです。
懇親会こそ、つながりを深める最強の場ですねんよ
旬海の美味しさの秘密は、獲れたての魚を社長が有田の辰が浜の漁港で、毎朝直接買い付けているからなのです
松林社長とほくをつなげてくれたNICeな人の佐藤さん
同じカテゴリー(第22回NICe全国交流セミナー開催記念)の記事
 こんなに多くの方にご参加いただき、本当にありがとうございました。 (2014-03-19 09:58)
 和歌山は寒いけど快晴やして (2014-03-15 10:36)
 ぼくたちはたまたま出会うんじゃない。必然に惹かれあって明日出会うのです。 (2014-03-14 19:00)
 懇親会こそ、つながりを深める最強の場ですねんよ (2014-03-14 14:43)
 旬海の美味しさの秘密は、獲れたての魚を社長が有田の辰が浜の漁港で、毎朝直接買い付けているからなのです (2014-03-14 11:55)
 松林社長とほくをつなげてくれたNICeな人の佐藤さん (2014-03-14 01:46)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。