2009年07月18日

世界一のセールスマン



ギネス記録12年連続世界No1という、世界一のセールスマン「ジョー・ジラード」をご存知ですか?

2004年にフォレスト出版から出た「私に売れないモノはない」をお読みになり、彼を知っていると言う人は多いかも知れません。

彼の実績や、営業の考え方については、「本」を読んでいただくとして、今日はこの本にも書かれていた「販促ツール」の使い方について引用します。






「第8章 ジラード流、商売道具の使い方」の中の1文です。(本の107頁あたり)


『セールスマンなら誰でも名刺を持っているが、一年かけても500枚入りの箱を使いきらない人がたくさんいる。私は1週間あれば使いきる。
顧客を獲得する上で大事なツールを1つだけ選べと言われたら非常に悩む。

不可能に近いその選択をどうしてもしなければならないなら、おそらく「名刺」を選ぶ。

といっても、私のは、会社が用意してくれるような、自分の名前が隅の方に入っていたりして目立たない一般的な名刺とは違う。

私の名刺は、完全に私専用だ。顔写真も入っている。

もちろん、特注分のコストは自分持ちだが、惜しくはない。(途中略)

私は所かまわず名刺を配る。レストランで勘定を払う際も、お金と一緒に置いてくる。
ウェイトレスもウェイターも見込み客だ。名刺を受け取った人たちは、ジョー・ジラードを覚えていてくれる。』





このようにして、ジョー・ジラードは、会う人全てを見込み客ととらえ、名刺を配りつづけて人生が変わったと、語っています。

あなたの「名刺」が、会社名と、名前と、連絡先だけの、「普通の名刺」だったら、「名刺を工夫する」だけで、「人生が変わる」かも知れません。



ジラードの人生を変えたとという、「ジラードの名刺」をネットで探してみると、上の写真のようなものが出て来ました。

http://www.joegirard.com

現在のジラードは、「アメリカで人気ナンバー1の営業コンサルタント」になっていて、自動車を売って居た頃のものとは違うのですが、やっぱり「普通の名刺」とはちがいますね。




裏面にも、彼の「実績」がズラリです。

初対面でこんな名刺を貰ったら、ちょっとびっくりですね。

こんな名刺を作り、1週間で500枚の名刺を配りまくりたいと、いう方は、ぜひ「名刺仕掛人」にご相談を・・・。



同じカテゴリー(名刺仕掛人参上)の記事画像
当店作の名刺が本に載りました。
名刺は最小で最強の販促品
儲かる名刺、儲からない名刺
営業トークよりまず名刺を見直せ!!
同じカテゴリー(名刺仕掛人参上)の記事
 当店作の名刺が本に載りました。 (2010-01-10 00:20)
 名刺は最小で最強の販促品 (2009-01-30 21:51)
 儲かる名刺、儲からない名刺 (2008-09-06 15:03)
 営業トークよりまず名刺を見直せ!! (2008-08-06 17:25)

この記事へのコメント
英語で書いてるので、わかりませんが・・・

わたしの名刺もそろそろなくなるので、お願いします

もちろん日本語で・・・
Posted by アルプス整体院 at 2009年07月18日 12:08
アルプス整体院さま、

早速のコメントありがとうございます。
了解しました。今度は10000万枚ぐらい作りましょう。
Posted by はんこ屋 at 2009年07月18日 12:12
なんかブログから音楽が聴こえるぞ<("O")>

今度魚福さんところ行ってからお店に遊びに行きますねぇo(^-^)o
Posted by 新野上野中央 at 2009年07月18日 22:26
新野さま、

コメントを見落としていて、リコメ遅くなってすいません。
ぜひ、お待ちしています。
ただ、狭くて、汚くて、熱いですけど、いいですか?
Posted by はんこ屋 at 2009年07月19日 21:56
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。